32シリコンシャンプーは体に悪い?メリットとデメリットを解説

こんにちは、タチバナです。

今回はシャンプーに関する話題をお話しします。

シャンプーには、「シリコンシャンプー」という種類が存在します。

そして、シリコンシャンプーについては、

「髪の毛を傷めてしまう」

「使っているとハゲる」

といった悪い評判を聞いたことがあるのではないでしょうか?

たしかに本来なら髪の毛を守るシャンプーなのに、むしろ有害だとしたら、大きな問題です。

本記事ではシリコンシャンプーのメリットやデメリット、髪の毛への影響について詳しく解説します。

そもそも、シリコンシャンプーとは何か?

シリコンシャンプーとは、「ケイ素」を主体とした「シリコン」が配合されている成分のこと。

一般的なシャンプーには、たいていシリコンが使われています。

シリコンシャンプーのメリット

一般的に「シリコンシャンプーは危険だ」と言われています。

後述するように危険な部分もありますが、だからといって「いいことがひとつもない」というわけではありません。

むしろ、普段はありがたみを感じづらいメリットがたくさんあります。

具体的には、

  • しっかりと髪の毛や頭皮の汚れを落とす
  • 髪の毛にツヤが出る
  • 髪の毛がコーティングされ、外部刺激に強くなる
  • 泡立ちが良い

というようなメリットがあるのです。

最大のメリットは、やはり「しっかりと髪の毛や頭皮の汚れを落とせる」というところでしょう。

髪の毛や頭皮を清潔に保てているのは、シリコンのおかげなのです。

アデランス無料増毛体験実施中!自毛感覚を是非ご体験下さい!

シリコンシャンプーのデメリットと、髪の毛への影響

とはいえ、シリコンシャンプーにはデメリットも存在します。

具体的には、

  • 髪の毛がシリコンで包まれてしまい、外部から栄養素が届きづらくなる
  • パーマやカラーリングが通りづらくなる
  • ドライヤーの熱で、髪の毛がダメージを受けやすくなる
  • シリコンが毛穴に詰まってしまう

といったデメリットがあります。

薄毛に悩んでいる場合、何がまずいかというと、とにかく「シリコンが毛穴に詰まってしまう」というところ。

シリコンが毛穴に詰まっていると、生えようとしてくる髪の毛の動きが邪魔されてしまいます。

ずっとシリコンシャンプーを使い続けていると、いつまでたってもシリコンが除去されません。

よって、長い間にわたって髪の毛が生えづらくなってしまうというわけです。

もちろん、「シリコンシャンプー =かならず薄毛になる」というわけでもありません。

ただし「シリコンが頭皮に詰まる」というのは、物理的に絶対に起こり得ることなので、薄毛を進行させる要因としては確かなものです。

ノンシリコンシャンプーを使おう

もし薄毛に悩んでいるのであれば、メリットがあるとわかっていても、シリコンシャンプー は使いたくないでしょう。

薄毛のことを考えれば、「ノンシリコンシャンプー 」がおすすめ。

名前のとおり、シリコンなしのシャンプーです。

ノンシリコンシャンプーなら、ひとまず「頭皮が詰まる」ということは避けられます。

その他、

  • 頭皮に対して低刺激である
  • 頭皮の汚れを落とすのが得意
  • トリートメントやコンディショナーをしっかりと浸透させられる

といったメリットも存在します。

ただし、やはりノンシリコンシャンプー も「いいことばかりではない」というのが正直なところ。

ノンシリコンシャンプーのデメリットとして、

  • 泡立ちが悪い
  • 髪の毛にツヤが出ない
  • シリコンシャンプーよりも高い

といった点が挙げられます。

何を優先するかによって、いずれのシャンプーを使うか考える必要があるでしょう。

まとめ

ときどき、悪者扱いされる「シリコンシャンプー」ですが、決して悪いことばかりではありません。

シャンプーをすれば当たり前のようにツヤが出たり、泡立ったりするのは、シリコンのおかげです。

とはいえ、髪の毛のボリュームについて不安を抱えている人からしてみれば「発毛を阻害する」というのが大問題。

できれば、ノンシリコンシャンプーを使うようにしましょう。

ヘアパーフェクト