髪型は分け目で決まる?

鏡を凝視してしまう習慣が・・・

こんにちは、ラウルです。

サロンへ行くと必ず鏡にうつる自分を凝視してしまうんです。
正確には、髪の毛の様子を観察しているというか。。。

髪型ってボリュームや質感などで変わるし、角度で見え方が大きく異なりますよね。

気にしているのは薄毛を自覚した自分だけかもしれない。
でもこれ、微妙なさじ加減で何とかなる場合もあるんです。

ヘアパーフェクト

大事なのは分け目?

特に、分け目は気になります。
自分で作った分け目だけど、うまく崩して他の場所に作り直したい。

日替わりで左側へ分けたり、右側へ分けたり、時には極端に分けて毎朝試行錯誤しています。

今日の髪の調子?では、ボリュームを出すには右側かな。
でも毛の流れに沿って自然にうまく整って見えるのは左側かな。

なかなか納得とまではいかないけど、なんとか落ち着く場所を模索しています。

ここで大事なのは、その分け目をずっと維持しないことをおすすめします。
クセがついてしまって、そこが薄くなる、もしくは薄く見えるからです。

一度つけてしまったクセは、なかなか崩せなくなります。
横から思いっきりかぶせても、前に上手に垂らしても、大胆に後ろへかき上げても、しっかり残っています。

クセを強く残すのは、私はおすすめしません。

サロンで分け目のケアを

サロンに行くと、育毛剤を塗布してもらう時に特に確認するように注文しています。

「分け目あたりは、丁寧にお願いします。」
スタッフの方も心得ていて、「ここら辺ですよね。」

スタッフの方はプロなので、承知されているは分かっているのに、つい注文をつけてしまいます。

私が若い頃は、センター分けが理想的でした。

サラサラヘアが流行っていたし、「イケメン」という言葉はなかったけど、サラサラヘアはイケメンの必須でした。

私は剛毛で天然パーマだったので、サラサラからははるか遠く、ドライヤーで無理やり分け目を作っていました。

ヘアパーフェクト

ヘアスタイルには流行が

サラサラヘアが男子の流行だったけれど、そのうちアフロヘアが流行りだし、新しいモテ男ジャンルが誕生したことがありました。

その頃世間では、天然パーマでさえ、ちょっとイケてる感を醸し出していました。
その流行は私にとって追い風だったのですが、時すでに遅し。

私の髪は、すでに剛毛からサラサラへ転換期を迎えていたのです。

つまり、薄毛に気づくちょっと手前。
そこだけ考えると、なんだか残念で悔しい・・・

サロンでは分け目を大事にしてくれた

私の気持ちを理解してくれていると思うのですが、サロンでは特に生え際や分け目など人から見た時に分かりやすい部位をケアしてくれます。

同じサロンに通っていても、みんな気になる部位が全く同じだとは限らないと思います。
その中でも私が気にしている部位を スタッフの方がよくわかってくれているな、と感じるのです。

ヘアリプロ