タオルドライは適当にやると抜け毛になる! 正しいやり方は?

こんにちは、タチバナです。

今回は抜け毛に悩んでいる人へ、タオルドライのお話をしましょう。

 

  • 最近、タオルドライしたあとめちゃくちゃ抜け毛がある
  • この抜け毛の量は多いのか、ハゲる傾向なのか?
  • 突然、タオルの100本くらい抜け毛がついている
  • お風呂のあとは抜け毛の本数が怖い

 

という人は、たいへん多いでしょう。

 

誰しもが普通にやっているタオルドライですが、実は適当にやっていると抜け毛の原因になります。

今、タオルドライで抜け毛が多いなら、正しいやり方に変えていきましょう。

 

本記事では、

 

  • タオルドライの抜け毛、何本までならセーフなのか
  • そもそもタオルドライとは?
  • 抜け毛を最小限におさえる正しいタオルドライのやり方

 

などについて解説します。

タオルについた抜け毛でたじろいでしまった人は、ぜひ参考としてください。

触られてもわからないアデランスの新感覚増毛法。無料お試し体験実施中!

タオルドライの抜け毛の本数は? 何本までならセーフ?

タオルドライの抜け毛における本数は、とりあえず20本までならセーフと考えましょう。

人間の髪の毛は通常、1日100本〜200本くらい抜けるものです。

 

また、タオルドライの他にもドライヤーやシャンプーで30本〜50本くらいは抜けるます。

もちろん寝ている間や普段生活している中でも抜けていき、トータル100本くらいにはなるでしょう。

 

だとしたら、タオルドライの抜け毛で正常な本数は20本くらいだと言えます(もちろん、個人差もありますが)。

タオルドライだけで50本・100本という抜け毛があると、ちょっと苦しいですね。

そもそもタオルドライとは? 抜け毛と関係ある?

 

まず、タオルドライが何なのかおさらいしておきましょう。

タオルドライとは、

 

  • 髪の毛をタオルで拭く
  • ターバンにして水分を吸い取らせる

 

というものです。

 

そして、タオルドライと抜け毛は、ものすごく深く関係しています。

間違ったやり方をすると、抜け毛(や雑菌の繁殖)の原因となるのです。

タオルドライでハゲることは全然あり得るので、注意してください。

こんなタオルドライは絶対NG! 抜け毛を増やさないように

 

抜け毛のことを考えるなら、タオルドライについては、以下のようなやり方は絶対にNGです。

 

  1. 力強く擦っている(一番ダメ)
  2. 爪を立てている
  3. 生乾きにしている
  4. 一度使ったバスタオルを使っている
  5. ずっとタオルドライ(ターバン状)している
  6. 髪の毛同士を摩擦させている
  7. 古いタオルを使っている

 

上記NGにひとつも当てはまらない人は、おそらくいないのではないでしょうか?

とにかく注意したいのは、力強く擦って、頭皮をボロボロにしてしまうタオルドライ。

タオルドライはゴシゴシするものではないので注意しましょう。

 

抜け毛が劇的に少なくなる! 正しいタオルドライとは?

 

タオルドライの抜け毛で悩んでいる人は、正しいやり方を実践しましょう。

といっても、さほどむずかしい話ではありません。

手順としては、以下のとおりです。

 

  1. やさしくタオルを載せる
  2. 頭皮にやさしくあてる
  3. 毛先をやさしく拭き取る
  4. 乾いたら放置せず、すぐドライヤー(雑菌の繁殖を防ぐ)

 

とにかく力を入れず、”押し込むようなイメージ”でやりましょう。

そうやって水分を少しずつ拭き取っていくのがポイントです。

まとめ:タオルドライを間違えると、めちゃくちゃ抜け毛が出る

タオルドライで髪を拭くときは、抜け毛が出ないようにやさしくやりましょう。

何気なくやっているタオルドライですが、多くの人がやり方を間違えています。

逆に言えば正しいやり方さえ知っていれば、抜け毛の量も減らせるはずです。

 

ただし、タオルドライが正しければ絶対ハゲないかと言われれば、そうでもありません。

重度の抜け毛で悩んでいるなら、アデランスのようなヘアサロンにて、根本的に解決する必要があります。

ヘアパーフェクト